So-net無料ブログ作成
検索選択

追突死公判閉廷…「息子返せ」と母が被告たたく(読売新聞)

 茨城県内の常磐道で2008年12月、自分の大型トラックに追突してきた中型トラックを約20キロ引きずって炎上させ、運転手桜井康宏さん(当時29歳)を焼死させたとして、道交法違反(救護義務違反など)と自動車運転過失致死罪に問われた山形県天童市乱川、トラック運転手高橋重義被告(60)の公判が11日、水戸地裁(河村潤治裁判長)であった。

 公判は検察側が懲役3年6月を求刑。弁護側は「事故に気付かなかった」などとして無罪を主張し、結審した。閉廷直後、被害者参加人として検察官の隣に座っていた桜井さんの母親が証言台前の高橋被告に近づき、顔を紅潮させ、「康宏を帰せ」と声を上げながら、被告の背中を3回程度、拳でたたいた。

 法廷内には、「駄目です」などと制止しようとする裁判官たちの声が響いたが、母親は自ら落ち着きを取り戻し退廷した。高橋被告はぼう然と立ちつくしていた。

 公判後、高橋被告の弁護人は「立場は分かるが、あってはいけないこと」と話した。

<河村市長>民主党県連に市議が直訴「反党的な行為がある」(毎日新聞)
子ども手当法案、衆院厚生労働委で可決(読売新聞)
ほかの少年2人にもわいせつ行為=少年院教官を再逮捕−神戸地検(時事通信)
学習院が会見「直接暴力行為はなかった」(産経新聞)
<脅迫文投げ込み>トイレなどに9回 容疑の大学院生逮捕(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。